ふぇありーどーるシリーズの顔を増量してえあ★ますくを装着

 ふぇありーどーるのもも、えむ、ボディスーツverの顔は宇佐羽えあの顔と比べ小さいので、えあ★ますくをそのまま装着すると少し不自然となります。宇佐羽えあの顔を装着するならやはり宇佐羽えあの顔の大きさに増量してあげるのが一番良い様です。今回はふぇありーどーるのもも、えむ、ボディスーツverの顔を増量する方法をご紹介します。

 ふぇありーどーるもものそのままの顔にえあ★ますくを装着してみました。装着は出来ますが、縦長でバランスが悪いのであまり可愛くありません。今回はこれを改善していきます。

 えあ★ますくに一番合う顔の形はやはり宇佐羽えあ本体の顔の形なので、顔部分をカットしこれをベースに顔を増量、成型することにしました。

 まずはヘッド部分を矢印の円周を目安にカットします。うちは全くの新品は勿体ないのでパンクしたボディから切り取りました。線から1mmずれたらNG程の厳格さはありませんが、仕上がりに影響しますので丁寧にカットしたいところです。

 無事ヘッド部分だけを切り落としました。しかしここで気付いたのですが、こうなってしまうと前後が全く分からなくなってしまいます。カットをする前に前後が分かる様にマークをつけておいた方が良いと思います。(失敗談)。

 上の状態だとふぇありーどーるに被せられないので後部の溶接線に沿って一旦カットし、被せ終わったら再び結着します。今回は余ったビニール+ボンドで固定しましたが、養生テープなどでも大丈夫です。但しガムテープなどは粘着力は強力ですが、あとでベタベタになってマスクを汚す可能性もありますので使用しない方が賢明です。

 なおこの場所は最後マスクで覆われ、その上にウィッグが被さりますのでそれほど綺麗でなくても大丈夫です。

 下側にある首とビニールの隙間から綿を入れてゆき顔の形を整えます。沢山入れてもぬいぐるみ側が吸収してくれるのであまり無茶をしなければ量は適当で大丈夫です。

 参考までに左右、後方の写真も掲載しておきます。ある程度パンパンにしたらあとは全体を見て手で潰したりしながらバランスを取りますので左右は少しくらい違っても大丈夫です。

 とりあえずマスクを被せてみました。まだバランスを取ったり、細かいセッティングが必要ですが、冒頭のそのまま被せた状態と比べ縦横のバランスが良くなり、いかにもアニメ顔という感じになったと思います。

 横側見た感じです。インナーマスクのセッティングの位置などの参考にしてみてください。宇佐羽えあ本体の顔を使っていますのでサイズはピッタリです。

 そしてマスクの下側はこの様にヘッド部のビニールの裏側に織り込みます。この様に処理をすれば下側はビロビロにはなりません。

 顔を自分好みにセットして、好みのウィッグを被せてみました。顔が大きくなった分一般人間用のウィッグも使用できるようになります。しかし顔が大きくなった分やこの様なツインテールのウィッグは重いので首の補強は必須になります。首の補強はこちらの記事を参考に実施してみてください。

 なおふぇありーどーるシリーズでも「おすわり」ののは顔も大きく不自然感はありませんので、そのまま装着できます。「おすわり」のののレビューにて装着例を紹介しています。

・ 新・えあ★ますく レビュー

・ ふぇありーどーる「もも」レビュー