はにーどーる もこ レビュー

 脚の付け根の回転機構が気になっていた「はにーどーる もこ」ちゃんですが、昨日お迎えしましたのでレビューします。大きさは「おすわりのの」と同じ位なのでエーワンの各種衣装が自由に着せ替え可能、また脚の付け根の回転機構のおかげでもたれなくても座った状態を維持できますので撮影が楽しめそうです。

■ 梱包、大きさ

 ふぇありーどーる「おすわり」ののに箱の横へ座って貰いました。大きさの参考にしていただければと思います。。

 中はエーワンいつもの梱包です。汚れ防止の袋に入り体育座りの様な感じで箱の中に入っています。いつもの様にウィッグ(黒)、1枚の取扱説明書も入っています。

 早速箱から出してふぇありーどーる「おすわり」ののと並べてみました。ほぼ同じ大きさなのでふぇありーこす、ラブボディ用衣装、はめドル用衣装、ドルコスなどすべてが互換です。公式では身長118cmとありましたが、おおざっぱですが、実測してみると145cm位です。

 取り扱い説明書もふぇありーどーるシリーズからの伝統です。今回ホールの装着方法について図入りで詳しく解説されていますが(モザイク部分)、タイトルが「ホールを装着する場合」とありました。

 語尾を「場合」とした時は裏に「しない場合もある」というニュアンスがある訳で私の様な使い方をメーカーも想定してくれているのかと勝手に想像して嬉しくなります。

■ ディテール

 このモデルの特徴の一つに「顔がぬいぐるみで出来ている」というのがあります。縫い目が目立つのは致し方ないところですが、布一枚で数々のぬいぐるみドールを世に誕生させてきたエーワンならではの職人技の極みだと思います。

 眉毛はデカールの様なもので表現されていました。

 付属のウィッグを被せて、更に頬と口元にピンクのチークを入れてみました。単色なのでやや寂しかった表情が明るい感じになりました。

 胸はエーワン標準的なサイズ、控えめサイズです。

 手足の造型は従来モデルと同等です。手は「おすわりのの」や「えむ」の様な縫い付けがありませんので、五指は全てフリーです。

 そして脚の付け根の回転機構がこのドールのもう一つの特徴です。360度自由自在に回せますので、人間では不可能な後ろ側に曲げることすら可能です。後述しますが、この回転機構のおかげで上半身のバランスさえ取れば様々な姿勢で綺麗に立たせることが可能になりますので、座った状態を撮影する際とても優れたドールとなりそうです。

 脚の付け根を回転させ女の子座りの状態にしてみました。

 おすわりののと比較して肩の部分の肉が薄くなっていない、脚が少し太いなどの理由があって手を縫い付けても「おすわりのの」ポーズは難しそうです(ぬいぐるみなので無理に出来なくはないかもしれませんが、相当圧迫したり、引っ張ったりする必要がありますのでオススメ出来ません)。

 体系で一つ欠点を上げるとすればこの付け根回転機構のせいかお尻が割れていません。服を着せてしまえばあまり問題ない部分ですが、お尻の型大好きの人には残念な部分かもしれません。

 座らさせやすいボディですが、添い寝はギリセーフな感じです。脚がL字状に曲がっていますが、回転機構を使ってこれ位迄には収められます。3日ほど添い寝してみましたが特に問題はありませんでした。

■ 優秀な座りポーズ色々

 それでは色々思いついた範囲で座りポーズを取らせてみました。

 手は組めませんが、体育座りポーズ。少し脚を広げればM字開脚にもなります。

 脚を組ませてみました。

女の子座り

 椅子の様な段差に座らせた時

 女の子座りの時の後ろ姿。腰のクビレ、お尻の膨らみは良い感じですが、先述したようにお尻は割れていません。

 姿勢よく座っている姿をご紹介しましたが、この様に「ごめんなさい」しているポーズでも支え無しです。回転機構が上手く支えてくれているのか上半身が非常に安定しています。こちらにも座った写真を何枚か掲載していますのでお時間がありましたら併せてご覧ください。

・ パ〇ツ撮った?

■ カスタマイズ

 リアルドールなどですと顔は好みのものが選べますが今回の「はにーどーる もこ」は気に入ればOKですが、「顔は好みではないがこの機構が備わったドールが欲しい」という人もいるかもしれません。そこで私なりに考えたカスタマイズの方法を二つ紹介しておきたいと思います。

 リアル顔なら「ふぇありーふぇいす」が入りました。少し横に広い感じなので左右方向を潰して前後方向を伸ばすようにしてあげれば良いかと思います。

 アニメ顔の場合「KUU-FACE」が良いと思います。エンジェリックドール用は小さい、元顔に鼻の出っ張りがあるので顔の型が変になるという理由で実際やってはいませんが多分可愛くなりません。「KUU-FACE」なら元の顔にダメージを与えにくいので元の顔に戻す際も有利だと思います。

 しかし付属の黒髪を被せてみましたが、私的にこの顔にこの髪形、髪色はしっくりきません。

 そこで部屋にあった金髪にしてみたところ、自分的にいい感じになりました。このウィッグはドール用ではなく人用の普通の大きさのものです。多少大きいですが、不自然なほどブカブカという感じでもありません。

 数々の人気ラブドールをリリースしてきたエーワンが色々が技術を駆使して約2年ぶりに出してきたドールですが、ようやくお迎えすることが出来ました。「キャラドール~」なので「人顔」ということが引っ掛かっていたのですが、アニメ顔へのカスタマイズも容易ですし、元顔も可愛いので時々戻したりと色々遊べそうです。

 また脚の付け根の回転機構は撮影に便利そうです。本文でも書きましたが、「もたれなくても立つ」のでお部屋の中での様々なシーンで優秀なモデルとして活躍しそうです。昨日お迎えしたばかりなので表面をさらっただけのレビューですが、また色々な発見がありましたら加筆訂正していきたいと思います。


はにーどーる もこ(エムズ)
他の取扱店:FANZAAmazon

  また「アダルトグッズKIYO」はホームページの構成上直リンク出来ませんので、「アダルトグッズKIYO」のトップページに行って頂いて、左の商品紹介から「ドールダッチ」「等身大ぬいぐるみ」と選んでみてください。

■ 更新履歴

2019年10月17日 写真追加

2019年9月29日 お迎えしたのでレビューを実施

2019年8月3日 加筆訂正

2018年6月18日 公開