エリーたんと夏休みの清里へ!(2)

 先日夏休み最後の週末ということでエリーちゃんと清里に行ってきました。前回はエリーちゃんが気に入った西洋のお城のような建物を見てみましたが、今回は私的に気にっているこちらの建物を見に行きたいと思います。

 ミルクポッドの形をした建物に時計台、そんな雰囲気と正反対の「手打ちそば、甲州ほうとう」と書かれた看板があります。情報量が多くて個人的に好きすぎる建物なのです。

 金曜日に買ったばかりの「HD PENTAX-DA★16-50mmF2.8ED PLM AW」の性能を試すべく絞り開放のf2.8で撮影してみました。顔はしっかり解像していますし、背景のボケも美しいです。画面がスッキリしたたいへん抜けの良いレンズです。

 クリックで拡大画像を見ていただくと光学メーカーが最上グレードとして売り出したレンズです。髪の毛1本1本の表現まで美しすぎます。

 と、レンズの話はこれ位にして横断歩道を渡って近くへ行ってみてみましょう。

 やはり反対側の歩道へ来ると、ミルクポッド型の建物も大きく迫力があります。しかしここも残念ながらもう営業していません。

 しかし何度見ても情報量が多い一角です。実はこの建物を知ったのはほあしかのこさんが描いていた「鉄子の旅」で旅のメンバーがここへ食べに来るシーンがあったからなのですが、その後一度行ってみようと7年前に来たときには既に廃業されていて結局ここのお蕎麦を食べることは叶いませんでした。
漫画の中では旅のメンバーとお店の人が昔の清里の話をするシーンがあり、そんな話も聞いてみたかったなと今でも残念に思っています。

 そんな思い出の建物ですが、エリーちゃんは可愛い建物の前で撮影できれば、ご機嫌でポーズをとってくれますw。

 しかしやはり、建物全体を入れて撮影となると反対側の歩道のほうが都合が良さそうです。

 エリーちゃんの清里の旅はまだまだ続きます。

■ この写真のモデルについて


おすすめ