「エンジェリックドールエア」お迎えレビュー

 エンジェリックドールのこれまでのオプションが全て使える「エンジェリックドールエア」が発売になりました。ぬいぐるみに比べ価格がグッと安くなった分、ぬいぐるみの価格では少し高かったカスタマイズする敷居が下がったのではないかと思います。早速お迎えしましたのでレビューしてみます。

 パッケージ。今回はエアドール単体の販売で、既存のエンジェリックドール用オプションが全て着用させられるのがポイントです。ちなみにイラストはオプションのセーラー服っぽい衣装を着ています。

 早速本体を膨らませてみました。肌色生地なので専用タイツなどで肌色化させる必要が無い分お財布にも優しいモデルです。なお今回のパッケージに入っているものはドールのみで各種オプションやホール等は同梱されていないので注意が必要です。

※ エンジェリックドール、全オプションまとめ

 胸の造形は一般的なエアドールと同等のものです。「少し出ている」そんな控えめなおっぱいです。

 手足は標準的なエアドールの造形です。手はどことなく初代エンジェリックドールの雰囲気を残しています。

 マスクを着用させることを前提に設計されているこの娘は顔の形が特徴的です。普通は楕円形ですが、剣道のお面のような形です。マスクを装着した時ベストな顔になる為なのか他に理由があるのかは分かりませんが、似たようなコンセプトの宇佐羽えあにも無かった新しい形の顔です。

 ところで話は変わりますが、赤矢印の部分に小さな穴があります。初期不良かと思ったのですが、二重構造になっていて必要な穴の様です。エアは漏れませんので安心してください。

 しかしこの形は空気を抜いた時マスクがズレるのを最小限にしているような気がします。設計側にこの様な意図があったかどうかは分かりませんが空気を抜いた時そう感じました。再び空気を入れた時イメージが変わりにくいのではないでしょうか。

 初代エンジェリックドールと比較してみました。顔の雰囲気などが分かり易い様Airにも初代エンジェリックドール用のマスクウィッグを装着してみました。顔の雰囲気は似たような感じに仕上がりますが、髪形は頭頂部の形状などが少し異なって見えます。またAirの方が少し背が高いようです。

 参考までに同じM字開脚で約150cmサイズのLOVEBODY HINAとパッケージを比較してみました。120cmのドールが折り畳まれているので箱は想像以上に小さいです。

 マスク下部のビラビラは写真の様に折り込んであげると目立たなくてよい感じになります。肌の色は写真の通り結構違いますが、意外と服を着せてしまえばあまり気になりません。

 とりあえずマスクを被せた完成たいの写真を一枚。まだどんな娘にするか決めていないので、これから表情を選んで顔を作ってあげたいと思っています。

 マスクを着用させることを前提とした顔の構造以外は従来のエアドールの構造を踏襲している感じで可もなく不可もなくという感じですが、豊富なマスクや専用ウィッグでカスタムする楽しみが、3000円程度の本体から始められるというのが大きいと思います。

 宇佐羽えあの場合専用タイツ3500円程度が別途かかりましたので肌色生地を使用している分ユーザとしては敷居が下がり有り難い話です。またマスクは布マスク、ウレタンのインナーマスクを別売りにしているので表情を変える時少ない予算で多くの顔を楽しめます。

 マスクとウィッグを被せるだけで色々な顔が楽しめるというお手軽カスタムなのでまたエアドールのカスタムブームが再来してくれれば嬉しいなと宇佐羽えあ初期の頃からエアドールファンの私としては期待していたりしますw。

※ エンジェリックドール、全オプションまとめ