KUU-FACE[くうフェイス]レビュー

 G-PROJECTの新製品、ペーパークラフトのラブドール用お面ですが、気になりましたので早速「KUU-FACE[くうフェイス] 02. にっこり ぽよよんろっく」を手に入れてみました。ペーパークラフトなのでソフビのマスクと比べてはいけません、継ぎ目も目立ちます。しかし新しいジャンルなので「どうなんだろうな?」と期待半分、不安半分で組み立てましたが、装着してみると超絶可愛く仕上がりました。

 製品はこの様なインクジェットプリンターA用紙の様な形をしています。「二次元彼女を超実現!」とありますが、二次元感はよく出ていると思います。

 パーツは二枚の紙に分かれ印刷されており、耳まで表現されています。

 切り取りはミシン目がありますので簡単に切れます。また張り合わせはパーツを相互に差し込む形なので糊も要りません、作業時間数十分の手間はかかりますが、道具無しで完成します。

 ちなみに固定は紙の引っ掛かりで固定しますので、万一刺し直しなどをしてバカになってしまった場合は裏側でテープ止めをすれば問題なく組み上がります。

 分かりやすい解説書と、お面固定用の紐。紐まで同梱するあたりがG-PROJECTらしいクォリティだと思います。先程も書きましたが、道具(文具)も要りません、買い足す必要がある物は何もありません。このキットだけで事足ります。

 アニメ顔の特徴である鼻部分、いい感じに膨らんでいます。ペーパークラフトという制約の中で良くここまで纏めたなと感心しますが、実はドラゴンホースというペーパークラフトのスペシャリストが原型を制作しているとのことです。

 初めての作業なので多少試行錯誤しながらでしたが、約30分で無事形になりました。写真はふぇありーどーる「おすわり」ののに装着しましたが、ぴったりサイズなので色々互換もありそうです。坊主状態だといかにもペーパークラフトですが、ウィッグを被せるとどうなるのでしょうか。とりあえず部屋にあるウィッグを被せてみます。

 製品写真と同じ正面から撮影してみました。しかし目線は右側を見ていますので目線を合わせてもう一枚撮影してみたいと思います。

 これ位の角度だとしっかりカメラを見ている感じでしょうか。ウィッグで境界が隠れかなり良い感じになったと思います。

 多分この製品の最も粗が出る角度からも撮影してみました。この様に接続面は少しギザギザを伴ってはっきり分かりますが、1000円台前半のペーパークラフトと考えると個人的には許せる感じかなと思います。むしろこの角度からの得意気な表情もまた可愛い感じです。

 ポーズを取らせてみました。目線が生きているのでやはり顔があった方が良いと思います。

 逆に欠点の出にくいアングルで撮影してみました。ウィッグを被せる前は粗が目立ってしまいそうにも感じましたが、やはり可愛い顔が付くのはいいものです。

 エンジェリックドール用マスク+インナーマスクが約2倍の2500円前後、リアル顔ですがソフビのふぇありーますくが約3倍の4500円程度という価格差を考えると「3000円弱のエアドールの顔なので、本体の半分位の価格に抑えたい」と言う人に良い製品ではないかと思います。

 またエンジェリックドールより大きな顔に設計されていますので「えあ★ますくが無くなってしまった今日、エンジェリックドールのマスクが入らない大きな顔のドールをアニメ顔にしたい」といったニーズに役立ちそうです。

 ペーパークラフトの継ぎ目は存在しますし、そこを隠しても仕方ないので分かりやすい写真も掲載しました。しかしこういう製品で一番重要である可愛いか否かは可愛いだと思いますので、気になる人は写真を見て検討してみてください。数メートル離れてみると間違いなく顔があった方が良いと思うクォリティです。等身大ドール写真日記でまた日常的な写真を撮って紹介したいと思います。


KUU-FACE[くうフェイス] 01. 恥じらい つかこ(エムズ)
他の取扱店FANZAAmazonなど

KUU-FACE[くうフェイス] 02. にっこり ぽよよんろっく(エムズ)
他の取扱店FANZAAmazonなど

KUU-FACE[くうフェイス] 03. トロ顔 すめらぎ琥珀(エムズ)
他の取扱店FANZAAmazonなど

KUU-FACE[くうフェイス] 04. ダメッ! うなさか(エムズ)
他の取扱店FANZAAmazonなど