宇佐羽えあが来た(レビュー)

c0.jpg

 「空気少女★宇佐羽えあ」、以前から気にはなっていたが所詮安物のエアドールと購入に踏み切れない自分が居た。しかしパッケージは可愛い・・・、もう我慢できない!!本体は2600~2700円位。フルセットで10000円位?(実際それでは収まらない、今回のお買い物は27000円オーバ)といい加減などんぶり勘定でお迎えする事に・・・。


c1.jpg

 今回購入した「宇佐羽えあシリーズ」はこんな感じだ。パッケージの宇佐羽えあが可愛いと思ったので忠実にオリジナルでいこうと思う。

空気少女★宇佐羽えあ(本体)

えあ★ますく & えあ★たいつ(マスク:7153-4素顔、タイツ:1種類)

えあ★うぃっぐ(7154-7:ショート:えあオリジナル)

えあ★こす 羽根うさブランドセット

その他「足踏みポンプ」や「縞パン」も用意しておくといいと思う。

c2.jpg

 まずは本体を膨らましてみる・・・。想像通りの見てくれだ。これがタイツ、ウィッグ、衣装で女の子(嫁、妹)に変化するのだ。期待に胸が膨らむ!

c3.jpg

 透明ビニールのボディに肌色の全身タイツと顔のマスクを装着するのがこの製品のポイント。写真はマスクのパーツだ、インナーマスク(骨格)とプリントマスク(顔の描いたマスク)で構成されている。ウレタンの骨格の上に顔が印刷されたマスクをかぶせる構造なので、単なる卵形の物体ではなくアニメ顔らしい輪郭が出来上がる。

c4.jpg

 そしてタイツとマスクを装着。部屋にあった(何であるんだ!)縞パンを履かせてみた。予定ではここで感動するはずだったのだが、この段階での正直な感想は「こんな物の為に27000円も散財したのか・・・」という感じだった。後悔が頭の中をよぎる。

c5.jpg

 しかし作業工程はまだ半ば、そんな後悔の念を払拭するように一気に作業を進めてみた。そしてこれが完成した姿だ。

「可愛い・・・。」エアドールの間抜けな印象はない、やはり衣装が効いているかな?「えあ★こす 羽根うさブランドセット」は13000円オーバ。他のコスチュームに比べかなり高い。しかし商品ページに「そのまま子供服にも使えそうなほど」と書いてあったのでその言葉を信じて購入。実際子供服に使えるかは別問題として価格に見合った素材と可愛さで◎。ドールに重厚感が出る、リュックが衣装入れになっている等がお気に入りポイント。商品はリュックの中にジャンパー、ワンピ、縞ニーソが入っている。特に縞ニーソはボディに合った形をしているので履かせやすい。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です